■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■運命は雪片をはき降らす嘴■涯子


写真  千日紅   2006・9・5  近所にて

   『 北風列車 』 77 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (77) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

313     ふる雪のしずかにかける死の曲馬    


314     運命は雪片をはき降らす嘴


315     燃えろかんてき妻とはこんな荒れた指か    



  1. 2006/09/17(日) 07:32:58|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■安住というのは言葉遠く海峡■涯子



写真  葛  2006・9・8  南足柄市にて

   『 北風列車 』 76 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (76) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

309     広場とはかなしく海胆をたたえた海    


310     ちんもくのむらさきうにの怒りの花束


311     広場とは海の砂粒のかなしいワルツ    


312     安住というのは言葉遠く海峡

  1. 2006/09/16(土) 08:48:48|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■誰もいないこれはいちまいのひかる泥濘■涯子


写真   イチモンジセセリ&イエローエンジェル  2006・9・3   庭にて

   『 北風列車 』 75 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (75) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

305     夕陽したたるサイコロを振り草の家    


306     美しい寝台のある街のはるけさ


307     ひとつのくろかみぼくの引揚げ断層に    


308     誰もいないこれはいちまいのひかる泥濘

  1. 2006/09/15(金) 07:13:42|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■北風列車その乗客の烏とぼく■涯子


写真   イチモンジセセリ  2006・9・8  近所の友人の田んぼにて

   『 北風列車 』 74 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (74) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

302     にんげんの裸体降らせたのは北風    


303     北風列車その乗客の烏とぼく


304     頸のまわりに流れうずまくアオアオアオ    



  1. 2006/09/13(水) 07:53:55|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■ウルトラマリンの皿みがきいる百舌鳥に鳴かれ■涯子


写真    朝顔&芋虫    2006・8・29  N歯科へ行く途中GET!

   『 北風列車 』 73 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (73) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和23年               
               

299     かなかなかなかな植物的な夕餉に坐る   


300     月光を青柿落ちるひびきにねむる


301     ウルトラマリンの皿みがきいる百舌鳥に鳴かれ    



  1. 2006/09/11(月) 07:59:14|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。