■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミゾソバの岸に大鷹カルガモ刺す


     写真「黄昏の力芝と明神ヶ岳」


     11月17日、朝9時半。郵便局へ行ってくるよ~と言って出掛けた
     Uさん【家人と書いていましたが、あわててUさんに改名しました。広辞苑大好きな
     元家人が「家人は、女子供、家来を指す言葉だってさ!でも、これからは
     家人の意味が変わるかもね?ふふふ・・・」とのたまうのを聞いたからです!】


     そのUさんが、野鳥図鑑を片手に、言いました!
    
    「さっき、Oさんの家の近くで凄いもん見たぞ!」
    
    「どうも・・・オオタカらしいんだな~周りに群がってたカラスと同じ位の大きさで
     カルガモを捕まえて喰ってたんだけど、おれが来たもんで飛び立って電線にとまっていたよ」

    「近くを通るトラックには、目もくれず平気なのに人間は警戒されるんだな~」
    
    「オオタカのお食事を邪魔しちゃって、悪い事しちゃったよ。」

          
    この場所は、私が、以前オオタカがコサギの肉片を食べているのを見たのと同じ場所でした。

    田んぼの中に、○線の踏み切りがあり、そのすぐ近くの1軒家の裏手で、水路の
    水鳥達が餌になっているらしいのです。そういえば、コサギの羽が散乱していたこともあり
    うわツ!うれしや~!と大量の羽の収穫をさせていただいたこともあり・・・
 
    Sさんの観察結果通り、ここはオオタカの餌場だったんです!

    夕方には、犬の散歩、人の散歩で結構それなりに、お気に入りコースになっていて
    賑やかですが・・・それもこれも計算に入れて、オオタカさまは今日も元気でした。 
     

     この近くの踏み切り2,3本は、電車オタク様達の集合場所で、休日には、踏み切り際に
     三脚を立て、ベストショットを狙って屯しています。

     オオタカのウオッチャーには、未だ会った事がありません!

スポンサーサイト
  1. 2005/11/17(木) 11:58:02|
  2. ■ 阪口涯子応援隊員のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水平線けむる文彦涯子礼子逝き | ホーム | ジョウビタキ2羽来て電話線工事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/637-f6fa43ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。