■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眼はチクと時計はタクと爆音中




     写真は、「ヒメツルソバ」 ヒマラヤ原産。渡来明治中期。別名「カンイタドリ」

   
    ● 阪口涯子の今日の3句  

        夾竹桃のアンブレラ廃墟の罪のふかさに燃える

        雪の夜のくろいコーヒーバズーカ砲も匂います

        娼婦のドレス清潔に漂白されたこの荒い天の縞

  
   写真の花は、帰化植物。すじむかいの家の駐車場に、春先からあっというまに畳1枚分も
   蔓延った「ヒメツルソバ」です。

   花好きな近くのおじさまが、ちょっと1株植えたのがもとです。

   別名「カンイタドリ」とは・・・冬でも、石垣や道際で、ピンクのかわいい坊主頭で咲いていて
   まさに、ぴったり、その名の通りです。

   真鶴の民家の石垣で見たのが初めで、なんて強そうなやつよ!と感心していたら、
   自然状態でも、もう、うちのすぐ近くまで押し寄せてきていて、近くの川の護岸コンクリートの
   石垣の隙間からどっさり垂れ下がっていました。

   ぐうたら園芸家のnoraも、エイ!と即断! 

   おじさまから2株掘りあげていただき、早速、猫の額の庭に植えました。昨日の出来事です。

   おそるべし「ヒメツルソバ」!


   
   
   

スポンサーサイト
  1. 2005/11/25(金) 06:48:23|
  2. ■ 阪口涯子応援隊員のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遅咲きの謂わばカラスが板につく | ホーム | さくら紅葉を集めて少女塚つくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/628-30497bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。