■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あかつきの色は好物すぐ消える







    写真は、「西丹沢・西沢沿い畦ヶ丸への道」 2005年11月29日撮影


    ●阪口涯子のきょうの3句
 
        黒薔薇のかなしさは軍用機より翼張って

        北風よ翼おさめよみどりの令嬢も咳している

        朝だコッペだ黒衣満ち鐘ごんごん鳴り

 
  昨日、朝5時半起床。外は未だ薄暗く、雨が降っていましたが、天気予報では、午後晴れると言う情報を
  信じて、7時半、小雨の中を駅へ自転車を飛ばしました。

 
  友人と松田駅で落ち合い、バスに乗り9時半終点西丹沢自然教室到着。降りたのはたったの4人。
  もうお天気は急回復し、時おり陽がさしはじめていました。
 
  
  目的の、権現山への道の具合を教室の管理人に聞いた所、「つい最近、道を間違えて遭難した人が
  いた」と聞き、ごく弱気の2人は、こりゃーダメダ!安全を期して途中まででやめにしよう。と

  
  紅葉の最後を飾る西沢沿いを、のんびり何回も木橋を渡り、、時おりピューっと吹き抜ける
  気まぐれな風が散らす落ち葉の中で、お昼には沢の水で手打ちうどんをぐつぐつ煮てにこにこ。


  ふんだんで、きれいな水に恵まれたので、緑茶、ウーロン茶、コーヒー、カプチーノで、
  何回もお茶パーティを堪能しました。


  西丹沢でははじめて、「カワガラス」を2回見ました。細い流れの岩かげから姿を見せ、
  チョコチョコと見えたりかくれたり。すぐ視界から消えてしまいました。
  
  
  平日なのでこのコースは最後まで、誰にも会うことなく、ただ静かな紅葉と、小さな虫たちが飛び交う
  晩秋の美しい1日でした。
  
  

  

スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 06:48:19|
  2. ■ 阪口涯子応援隊員のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●門松の青さの兵のズボンの折り目の垂直線のかなしい街●涯子 | ホーム | 菊芋伏す日とつぜんぐうぜんカラス飛ぶ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/623-79728018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。