■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼた山とどろんこ河ぼく山脈を越えてきたが★涯子


      写真「松虫草と花蜂」 ・・・Nomさまから「ハナアブ」だとのご指摘あり。謝謝!


                      LONG之章  (7)       

   

 20P           ぼた山とどろんこ河ぼく山脈を越えてきたが


               汽船のみえない海しんしんとぼた山を尖らせる


               地すべり地帯さざん花が白い炎をあげていた


 21P           木の股に藷がらがラクダのようにかかっていた


               藷がらラクダそれが木枯らしをひるもよるも

スポンサーサイト
  1. 2006/01/26(木) 08:07:46|
  2. ■ 戦後俳句作家シリーズ36 『阪口涯子句集』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (13) | ホーム | ●黒の回想 わが俳句遍歴 (12)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/552-1301be8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。