■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鴉のジャズの赤い口みな宙にひらく★涯子


                              写真 「山茶花」

                        中之章  (1)


 
 22P            青い花無く粘土の夏の夜学生 


 23P            日本海溝から隆起しかたまるまんじゅさげ


                鴉のジャズの赤い口みな宙にひらく


                から松は幹ばかりカアと鴉をなかせていた



 24P            あまりに青い北の廃港こわれた人


                誰も居ない芝生が青い熊となり


                煙突(煙だし)焚く汽船の抒情空気凍り

スポンサーサイト
  1. 2006/01/28(土) 08:19:34|
  2. ■ 戦後俳句作家シリーズ36 『阪口涯子句集』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (14) | ホーム | ●黒の回想 わが俳句遍歴 (13)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/549-719ea117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。