■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イルカ早春67頭迷走す●野良


写真 「モチノキの花」 2005.4.16 自宅庭にて

 
            【 モチノキ 】 = 黐の木

去年の春、17年目にして、はじめて花が咲きました。
南東の窓下に、どこからやって来たのか、勝手に生えた、つやつやな肉厚の緑の葉。
なんの樹か分からないまま、葉が綺麗だし、自然に生えた一期一会の
ご縁を思い、伸びるに任せていましたが、ちょっと大きくなりすぎて
困ってきたところでした。

敵はその気配を敏感に察したのでしょうか、花を咲かせて「どう?」と
noraを試す気配でした。
花が咲いてみて、図鑑で特定出来、はじめて「モチノキ」と呼ぶ事ができましたが
はて、またまた困りました~!

あとは、皆様のご想像にお任せいたしましょう?

●NETでの検索によれば、モチノキは雌雄異株で、樹皮から鳥餅(トリモチ)を採ったそうです。
  うちのは、実がつきませんでしたので、おそらくは、雄株かと?

スポンサーサイト
  1. 2006/03/01(水) 08:18:54|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (29) | ホーム | ★空に鳥たち茗荷はうすく礼装して★涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/493-3a59fd26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。