■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆凍空に太陽三個死は一個☆涯子


写真 「クリスマスローズ」 2006.3.4 ハーブガーデンにて




                    砂之章  (12)


 63P         薄明の星くずを誰か書け


             朽葉敷きつめ雨を敷きつめ痛みいたり


             はげしい凋落うみつばめ一羽とべり


 64P         蒼々と猫族翔べり俺の旗


             凍空に太陽三個死は一個


             すすきの旗のかなしみが海員にあり

スポンサーサイト
  1. 2006/03/07(火) 08:13:02|
  2. ■ 戦後俳句作家シリーズ36 『阪口涯子句集』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (32) | ホーム | ●黒の回想 わが俳句遍歴 (31)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/484-6a916637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。