■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆たちまち風紋わが晩年の砂の山☆涯子


写真 「?」 2006.3.4 松田山みかん園にて  

●追記 コアラさまから「コリヤナギ」と教えていただきました。謝謝!
    行李作りに使われるので「コリヤナギ」とか。
    そういえば、行李作り修行中の若い職人さんの映像、最近TVで見ました。




                    砂之章  (13)


 65P         砂を掘り砂を掘りいるボールペン


             風に流れいる砂のみぢんの時間だ


             黒集団砂をゆきしが音絶える


 66P         らっきょうの花満開の砂女


             たちまち風紋わが晩年の砂の山


             別れを告げる砂のかすかな言葉

スポンサーサイト
  1. 2006/03/09(木) 08:10:29|
  2. ■ 戦後俳句作家シリーズ36 『阪口涯子句集』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (33) | ホーム | ●黒の回想 わが俳句遍歴 (32)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/480-015db3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。