■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (53)


写真 「レンゲソウ」2006・4・12




           黒の回想 わが俳句遍歴 (53)


10・4(土) 晴  つづき


        鷗率て打瀬は白く白くくる              (昭和十二年)

        貝塚のひくくなりつつ打瀬くる

        しろがねの帆網南風に垂れみだり

        おほばこの穂よりもさみし打瀬の帆

 ぼくは打瀬(ウタセ)漁を知らないが、最近テレビでみた北浦の風を一杯はらんだ横長の
美しい帆船の、そんな漁撈法であろうか。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/20(木) 07:36:39|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■衣しろく葬りのうたを曠野にひけり■涯子 | ホーム | ■ふぶく夜の異邦人私がいる茶房 ■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/387-098c4a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。