■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (59)


写真 「蕗の絮」 2006・4・29  三竹にて







          黒の回想 わが俳句遍歴 (59)


10・4(土) 晴  つづき


        鴉

         鴉よりさみしき線の氷雨がふる

         からす鳴いて氷雨を燃やすかと思う

         松毬を氷雨におとし鴉の馬鹿

         肺に鳴るさびしき音を聴く鴉



        あめつち

         まんじゅさげあめつちに悔おびただし

         しんしんと息たちのぼるまんじゅさげ         

スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 06:40:06|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■苦力の子母の肩なる荷をなぐさめ■涯子 | ホーム | ■ 北上し氷花の街の人にあう■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/363-3e0ae029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。