■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (60)


写真 「エニシダ」 2006・5・1  近所にて






           黒の回想 わが俳句遍歴 (60)


10・4(土) 晴  つづき


               聖夜

         海焼の童女が祭るクリスマス

         青き魚を窓にえがけりクリスマス

         
              孤児      (昭和22年)

         まんじゅさげ炊煙うつくしければ憂し

         まんじゅさげ風手握れば家がある

         まんじゅさげ風呂敷は天に返すもの

         まんじゅさげぽきぽき折りぬ飢はげし

スポンサーサイト
  1. 2006/05/04(木) 06:25:45|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■静穏な苦力の顔と駅の時計■涯子 | ホーム | ■苦力の子母の肩なる荷をなぐさめ■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/359-7b04034d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。