■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■静穏な苦力の顔と駅の時計■涯子


写真 「タラの芽」 2006・4・26 近所にて


 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載いたします。昭和13年、涯子36歳からの10年 間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*



      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 ⑨ 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。


  Ⅰ 石の野原             昭和14年
                                       
                          
        ●駅にて (一)  つづき 


37    静穏な苦力の顔と駅の時計


38    綿襖(めんおう)をひらひらし苦力の妻にんしん


39    鋼鉄車隅苦力の子が瞳みひらける


40    くろい河難民これをよぎり痢す   


41    芦原に装甲の艦をうずめ流れ

スポンサーサイト
  1. 2006/05/05(金) 06:49:31|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (61) | ホーム | ●黒の回想 わが俳句遍歴 (60)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/357-e2b3bce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。