■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (62)


写真 「ソヨゴの花」 2006・5・6 裏庭にて。植えて8年目ではじめて咲きました。

●訂正 ソヨゴの花ではありませんでした。樹木に詳しいyasukoさまからの情報です。
     誰か~「うにママさま」~~~教えてくださーい!

★ ソヨゴ改め「マユミの花」に訂正いたします。yasukoさま、うにママさまから教えていただきました。感謝!






           黒の回想 わが俳句遍歴 (62)


10・4(土) 晴  つづき

「一柿は刺し身、素光はうま煮だ」の禅先生の言葉が再びぼくの脳裡によみがえる。
だがこの素光のうま煮は当時の俳壇に一寸比べるものとて無い。

 「俳句ポエム」近着号の素光作品、

         鏡割ってカラスが群れる爆心地

         逆光線の砂丘がつづく久女の忌

         久女恋えば遠く近くに木莵の声

今尚素光は健在のようだ。

スポンサーサイト
  1. 2006/05/09(火) 06:26:51|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■この地平孤なり砲身を黝くならべ■涯子 | ホーム | ■蒼穹に人はしずかに撃たれたる■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/351-1dc08f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。