■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (71)



写真 「ラムズイヤー」=子羊の耳・・・毛っぽい楽しい植物です 2006・5・26 近所にて




   

 黒の回想 わが俳句遍歴 (71)・・・阪口涯子

11・9(日) 曇  つづき

 「天の川」 が無季俳句・新興俳句に移行した頃からの内田慕情の作品を少し掲げよう。④


              聖戦美術展        (昭和16年)

          とつげきのせまるつぶらめかめのごとし

          ひのまるをかぶせるかほをのこしすゝむ

          からいくさてんばかくればはらからくる

          さんがくせんかくれずたいらなるしゃてい

          まつばずえそのだんどうにいてたかし

     【 註・(涯子) こんな句を書く一面が慕情にもあったことを率直につたえておこう。】          
スポンサーサイト
  1. 2006/05/27(土) 07:46:09|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■黄いろい河苦力せきばくとくだる日や■涯子 | ホーム | ■苦力の墓地蓮きいろく描きしは誰■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/312-90fe80d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。