■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (81)


写真 「スイカズラ」 2006・6・10  真鶴半島にて



           

黒の回想 わが俳句遍歴 (81)・・・・・・・阪口涯子

11・9(日) 曇  つづき
 その九月、「石楠」の金子麒麟草らの協力もあり大連の俳人多数、旧慕情宅に集り
追悼句会を行った、ぼくは、


        慕情逝き秋日のくらきことつぶやく

 この平凡きわまる追悼句の外に

        秋がくる石投げうてぬ女群れ

        秋がくるキリストの居ない曠野にくる

        帰還未だし裸の大地月のぼり

        帰還未だしおろかな大地虫なける

 おろかな地上の句を捧げたのであった。
      
スポンサーサイト
  1. 2006/06/16(金) 08:26:33|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■スケート靴かかえ風雪泣くほかなし■涯子 | ホーム | ■ビルの谷しょうじょうと鳴るよ肩を張れ■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/266-a319f71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。