■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (82)


写真 タイトゴメ(?) 2006・6・10   真鶴半島にて



           

黒の回想 わが俳句遍歴 (82)・・・・・・・阪口涯子

11・29(土) 
追記
僕の捜していた、慕情のダイビング作品を北垣一柿が教えてくれた。

             ダイビング

        飛板を家蹠かむとき風満ちぬ

        大空を抱き一介の泡沫となる

        しじにとづシャオム水温十八度

        伯林ははろに乾けるニンフ起つ

        碧玉に逆鉾のびぬ雲の黙

 シャオムは独乙語の水泡。僕はシャウムと発音するが、それはどちらでもいい。
第二句目の「泡沫」はアワと読むのであろう。
僕は忘れていたが、これはベルリンオリンピックの句だ。例の「日本危し、前畑がんばれ」と
NHKがアナウンスしたオリンピック。ヒトラー全盛時のことだ。 それが映画「美の祭典」となり、
僕も感動して見た覚えがある。その映画を見ての作品であったのかと、
今更めて悟り、慕情の多力におどろくのである。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/18(日) 07:38:27|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■父病めりひとよりあまた蝶めぐり■涯子 | ホーム | ■スケート靴かかえ風雪泣くほかなし■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/262-1dc79a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。