■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■霧笛をききしずかに心かいいだく■涯子


写真 紫ポンポコリンの追加です。 2006・6・17  大倉バス停にて(花=アリウム・ギガス?)

   『 北風列車 』33 


 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (33) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
  Ⅰ 石の野原             昭和16年
                                       
                          
          ●帰郷記 つづき
       


148     霧笛をききしずかに心かいいだく


149     黒潮が皿の林檎にひびきやまぬ


150     霧笛をきき北に末子を恋いわたる

スポンサーサイト
  1. 2006/06/23(金) 07:51:58|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●黒の回想 わが俳句遍歴 (85) | ホーム | ●黒の回想 わが俳句遍歴 (84)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/250-e6f301d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。