■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●黒の回想 わが俳句遍歴 (110)


 写真  独活の実  2006・8・8  散歩コースにて



           

黒の回想 わが俳句遍歴 (110)・・・阪口涯子


 【 鞭とエール 】
     
1981・9・3(水) (つづき) 台風済洲島辺に停滞。曇天気温29、烈風。 うさぎ小屋にて。 

 現在の地点で回想すれば、僕が長い作品をかいた、
 そこには三つの原因があったように思われる。

 その(一)は戦後禅寺洞が口語自然律を提唱し、
それは結局は自由律への道程なのだが、

ぼくらはそれに反対しながらも四分五裂は自由律への道程なのだが、
ぼくらそれに反対しながらも四分五裂しながらもそれに従って
その方向での実験実証を重ねて行ったこと。

 その(二)は桑原武夫の第二芸術論に刺激されたこと。

ぼくが引揚げたころはすでに桑原説に対して俳壇から、
いろんなヒステリックな反論が出ていたわけであるが、

現実を盛るには俳句の鉢はこわれてしまうなどの桑原説に、
実践的に挑戦しようとの僕らの野望が存在したこと。


リズムを寛解し音数を多くしたら現実がより広く多く盛れるという
迷える信念が当時の僕にはあったわけだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/15(火) 06:16:58|
  2. ■ 『黒の回想・わが俳句遍歴』 阪口涯子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■くろありの街あかありはくるまにて■涯子 | ホーム | ■くろありの列一匹も笑わずに■涯子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k575.blog.fc2.com/tb.php/106-3090755b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。