■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★半開のみどりの蝶を夢みたる★ 涯子



写真上 「紫木蓮」 2006・4・7  Kさんのお庭にて
写真下 「紫木蓮」 2006・4・12  





         『 雲づくり 』  阪口涯子句集  

NO・12

        
              あとがき


 昨年頂いた家木松郎さんの『家城』に刺激されて、ぼくも句集を出したくなりました。

東京で立山那覇でと、家木さんと会ったのは指折り数える程の回数にすぎないが、

会うたびに家木さんに兄の匂いをぼくは感じてしまうのです。




で、生きているうちに『家城』と同じ装丁の、謂わば兄弟句集を出すことに決めました。

只、内容が家木さんの天から降って来たような珠玉俳句とは文字通り雲泥のちがいがあり、

ぼくの干からびた蚯蚓見たいな艶うせた俳句ばかりなので、

兄弟俳句と名乗るおこがましさは万承知の上ですが、これぼくの老廃の致すところとおゆるし下さい。


 金子兜太先生には「灰白のコスモポリタン」の身に余る名序文を書いて頂き、

金子皆子様からは『雲づくり』の好い句集名を頂きました。



旧「天の川」末期のぼくの第一句集『北風列車』果てるところ「海程」に老いを寄せての『雲づくり』。



 1976年(昭和五十一年)以降の作品を並べてみました。

ただし、「朱氏『冬旅』私版」は1974年の作で、そのライトモチーフの、「凍て空に太陽三個死は一個」の一句だけは「海程」版、

戦後作家シリーズ36『阪口涯子句集』に一度載せたものです。


ぼく、この十一月で、八十二才。これが最後の句集だとおもいます。


 出版に際して、編集その他万般の御骨折りを頂いた大石雄介さんと和子夫人に深い感謝の意を表します。



         1983年11月                           
                         著者



 阪口涯子略歴

 1901年(明治34年)佐世保市に生まれる
 現住所 佐世保市天神
 1926年(大正15年)医師となる
 1950年(昭和25年)句集『北風列車』
 1977年(昭和52年)『阪口涯子句集』(戦後俳句作家シリーズ36)

スポンサーサイト
  1. 2006/04/15(土) 07:26:50|
  2. ■ 『雲づくり』 阪口涯子第三句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★凍空に太陽三個死は一個 ★涯子


写真 「ハウチワカエデの花」=羽団扇楓 2006・4・12  ご近所の庭先にて



         『 雲づくり 』  阪口涯子句集  全作品 70句から掲載しています。(最終ページの作品です)
NO・13


           Schubert/Die Winterreise-----meine kleine-----


               朱氏「冬旅」私版





140P          凍空に太陽三個死は一個      


              瞳光り凍る都会を映したる
  


141P          凍空に花描きしをあざけるや




                                      
                                                 凍空に太陽三個死は一個




142P                 流氷あり一樹ありかぐわしきかな





                     半開のみどりの蝶を夢みたる





143P         夜の壁にライエルマンは還らざる





            鬼火もゆ悲痛は墓へ川は海へ




144P        紺の館紺の弔旗が憩えとよ




                                                  凍空に太陽三個死は一個
           




                      雲づくり----------畢

  1. 2006/04/13(木) 07:28:53|
  2. ■ 『雲づくり』 阪口涯子第三句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★辺地雪舞う殊にバキュームカーのまわり★ 涯子


写真 「大王松」 2006・3・11 南足柄市の民家にて       





         『 雲づくり 』  阪口涯子句集  全作品 70句から掲載しています。
NO・12


56      青銅塊われらうろうろ濡れている


57       辺地雪舞う殊にバキュームカーのまわり

        
58      雲母(きらら)の中に太陽埋まる梅林


59      長者原泣きながら原という緑野


60      灯の海冴えて遠いそこからまだ遠い


61      ジンジャー匂う千のみどりの旅をして


62      こおろぎの浪しぶきいる黒人女体

  1. 2006/04/11(火) 07:33:27|
  2. ■ 『雲づくり』 阪口涯子第三句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★さんたまりあ憂いを分かつものを書け ★涯子


写真 「花韮の大合唱」 2006.4.7 庭にて





    『 雲づくり 』  阪口涯子句集  全作品 70句から5句づつ掲載しています。


NO・11


51      サンゴ礁いくつも円しまた暗し


52      さんたまりあかぎりなくふる雨天国


53      さんたまりあ十指こわれて直立して


54      ステインドグラスの碧をのこして灰地上


55      さんたまりあ憂いを分かつものを書け

  1. 2006/04/09(日) 08:55:17|
  2. ■ 『雲づくり』 阪口涯子第三句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★翔けのぼるえびねの千鳥千鳥たち★ 涯子


写真 「蘭・デンドロの一種」 2006・3・21  フラワーガーデンにて





    『 雲づくり 』  阪口涯子句集  全作品 70句から5句づつ掲載しています。


NO・10


46      翔けのぼるえびねの千鳥千鳥たち


47      えびねの千鳥翔けいる都にはあらず


48      朱夏すすり哭く五月六月ナハブランカ


49      午前三時渇く咽喉ナハブランカ


50      朱夏すすりなく戦闘機みな斜めに着く


●追記  『雲づくり』 解説 金子兜太  の中に、「ナハブランカ」という造語の出来た場面がありました。

下に、一部を再転載いたします。


 涯子さんと一緒に那覇を訪れたとき、「 ナハブランカ 」 とときどき呟くのを聞いた。
カサブランカをもじっての那覇ブランカらしく、ホテルの窓から見わたす低い丘陵状の街は、
若夏(うりずん)のひかりのなかに灰白に熱く起伏していた。

私も<那覇白し>とか<白照街>などとメモしたほどだったが、白いというよりは灰白。
涯子さんはすぐにモロッコ北岸のカサブランカをおもいだしていたのだ。


       

  1. 2006/04/07(金) 06:25:42|
  2. ■ 『雲づくり』 阪口涯子第三句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。