■阪口涯子の俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■男のように台風圏の樹は倒れよ■涯子


写真  2006・9・19  足柄平野から箱根外輪山を望む

   『 北風列車 』 82 終 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (82) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載いたしました。これが最後のページです。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
       ● 自画像  つづき         昭和24年               
               

329     野をこえてひとり子が行ったターザン映画    


330     しののあめ青からかさをジープにみられ


331     身をななめにびしょぬれているニヒル像    


332     男のように台風圏の樹は倒れよ




              完



  ●みなさま、ながながとご拝読いただき有難うございました。
    これで、阪口涯子の俳句紹介は全て終りました。

   いや~俳句っていいもんですね~     nora
スポンサーサイト
  1. 2006/09/22(金) 06:52:52|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■カストリ飲んで野菜の花を抱擁した■涯子


写真   コスモス   2006・9・20  散歩コースにて

   『 北風列車 』 81 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (81) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

325     カストリ飲んで野菜の花を抱擁した   


326     野菜の花抱きしめていた異邦人


327     カランカランとなる晩鐘は遠くの国   


328     芋飴なめて妖精譚(フェアリーテール)わすれた少女


  ●nora註: カストリとは、第二次世界大戦後の日本で出回った次のもの。
        清酒の酒粕を水で溶き蒸留した低品質の焼酎、カストリ焼酎のこと。
        (ネットで検索しました)
  1. 2006/09/21(木) 07:38:27|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■きみの皓歯かと大群とひかりあう ■涯子



写真  白彼岸花  2006・9・19  小田原市にて

   『 北風列車 』 80 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (80) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

322     きみの皓歯かと大群とひかりあう    


323     白い兵舎ぬけ出て君もかとのような


324     絹くつしたのかとという言葉口に出さぬ    


   nora 註:かと=蝌蚪(おたまじゃくし)です。
9月20日は17年前亡くなった阪口涯子の命日です。「涯子忌」・・・
晩年どこかの高校の校歌を頼まれていたとか。
どこの高校なのでしょうか?きっと地元の九州だと思いますが・・・
身近だった方に連絡して、捜してみたいと思います。 nora
  1. 2006/09/20(水) 08:30:51|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■乾藷(かんころ)が雲のかけらを並べている■涯子


写真  イヌキクイモ  2006・9・12  酒匂川にて

   『 北風列車 』 79 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (79) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

319     乾藷(かんころ)が雲のかけらを並べている    


320     鶏頭が茎まで燃えて貧しい谷間


321     きみの唇漆黒の蝌蚪に花ひらく    




  1. 2006/09/19(火) 08:10:41|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■僕の外套ひとつなびいてゆがんだ野原■涯子


写真  酔芙蓉   2006・9・8  南足柄市にて

   『 北風列車 』 78 



 阪口涯子の第一句集『北風列車』を転載しています。昭和13年、涯子36歳からの10年間の
 俳句作品です。若き医師、涯子30歳からの満州時代は、このようにして書き残されています。

               *ーーーーーーーーーーーーーーー*


      『 北風列車 』   阪口涯子作品集 (78) 全作品332句 にNOをつけて順に掲載しています。
   Ⅱ 硬山のほとり              
                                       
     ● 自画像 つづき    昭和24年               
               

316     僕の外套ひとつなびいてゆがんだ野原    


317     ひざまずき坑夫の脚の傷巻きいる


318     かんころが光る虚空の虚空の吐息    



  1. 2006/09/18(月) 09:06:49|
  2. ■ 『北風列車』 阪口涯子第一句集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。